バイオメカニクスとは?

生物の構造や運動を力学的に探求したり、その結果を応用したりすることを目的とした学問である。

wikipedia

地球上では重力が絶え間なく働いており、常に影響を受けます。重力から解放される時間に人は回復します横になり、寝る時間がとても大切です。

足の重要性

二足歩行の人間は足で重力を受けながら動いています。その足が正しく機能せず、歩けていないとしたら?

歩行するときはかかとが着き、次に足の裏が、最後につま先で蹴って歩くという運動の法則があります。このようなものをバイオメカニクスといいます。

正しい運動連鎖が起きていれば、身体は痛みなく、省エネで活動できます。

あなたの身体の動きのエラーを見つけ、改善させることが出来ます。

噛み合わせ、顎の影響力

歯の噛み合わせは身体に、脳に対して大きな影響力を持ちます。

例えば、右でよく噛む人の顎は左にズレて、右半身に力が入りすぎています。噛み合わせが良いというのは見た目だけでなく、機能的にも重要です。

頭蓋骨は22個の骨から構成されますが、噛み合わせが正しくないと、脳まで歪み、自律神経の乱れや、免疫系のエラー、病気を引き起こしたりします。

身体は左右非対称

肝臓は右、胃は左など内臓が非対称であるように、身体は構造的に左右非対称です。また、利き手や利き目もあるように機能的にも身体は左右非対称です

この左右非対称がどんな影響をもたらすのか?

第一に呼吸が崩れやすい。正しい呼吸ができることが大事です。第二に出来ない動きがある。例えば右利きの人は右腕が伸びやすい分、左手が伸びにくいなどがあります。

大事なことは左右非対称であるあなたの身体に合わせて、身体の均衡を取り戻すことです。