【コロナ罹ると脳が萎縮する】世界的科学雑誌ネイチャー掲載

コロナ

コロナに関しては不確定要素が多かったので、多くは触れてきませんでしたが信頼のできる情報が増えてきました。
皆さんにも知っておいてほしいことをシェアします。

『簡潔に言うと、コロナに罹ると脳が萎縮する』というデータです。

世界的科学ジャーナルのネイチャーに掲載された記事です。検証数は少ないですが、これからこういったことが明確になってくるでしょう。

withコロナが日常的になり慣れてしまいがちですが、皆さん今一度気を引き締めてお過ごし下さい。
(コロナに関わらず、ウイルスの類は身体に蓄積し問題を起こします。)

既に罹ってしまった方は、脳機能を下げない為に、より食事栄養・運動・睡眠、基本的な生活が重要になります。
ウイルス罹患を直接治すものはコロナに限らず、現代医学でも非常に少ないです。
現段階では免疫を上げる自然療法が最も効果的と言えるでしょう。

【記事】英語が読める方は原文をご覧ください。
https://www.nature.com/articles/s41586-022-04569-5

【Google日本語訳】
COVID-19 1–13には脳関連の異常の強力な証拠があります。しかし、SARS-CoV-2感染の影響が軽度の症例で検出できるかどうか、そしてこれが脳の病理に寄与する可能性のあるメカニズムを明らかにできるかどうかは不明です。ここでは、2回のスキャンの間にSARS-CoV-2の感染が陽性であった401例を含む、2回画像化された785人のUK Biobank参加者(51〜81歳)の脳の変化を調査しました。 、および384コントロール。感染前の画像データが利用できることで、既存の危険因子が病気の影響として誤解される可能性が低くなります。2つのグループを比較すると、次のような有意な縦方向の影響が確認されました。(i)眼窩前頭皮質と海馬傍回における灰白質の厚さと組織のコントラストの大幅な減少。(ii)一次嗅皮質に機能的に接続された領域の組織損傷のマーカーのより大きな変化、および(iii)全体的な脳のサイズのより大きな減少。感染した参加者はまた、2つの時点の間で平均してより大きな認知機能低下を示しました。重要なことに、これらの画像と認知の縦断的影響は、入院した15例を除外した後も依然として見られました。これらの主に辺縁系の脳イメージングの結果は、嗅覚経路を介した疾患の変性性の広がり、神経炎症性イベント、または嗅覚障害による感覚入力の喪失のインビボの特徴である可能性があります。この有害な影響を部分的に元に戻すことができるかどうか、またはこれらの影響が長期的に持続するかどうかは、追加のフォローアップで調査する必要があります。(iii)全体的な脳のサイズの大幅な縮小。感染した参加者はまた、2つの時点の間で平均してより大きな認知機能低下を示しました。重要なことに、これらの画像と認知の縦断的影響は、入院した15例を除外した後も依然として見られました。これらの主に辺縁系の脳イメージングの結果は、嗅覚経路を介した疾患の変性性の広がり、神経炎症性イベント、または嗅覚障害による感覚入力の喪失のインビボの特徴である可能性があります。この有害な影響を部分的に元に戻すことができるかどうか、またはこれらの影響が長期的に持続するかどうかは、追加のフォローアップで調査する必要があります。(iii)全体的な脳のサイズの大幅な縮小。感染した参加者はまた、2つの時点の間で平均してより大きな認知機能低下を示しました。重要なことに、これらの画像と認知の縦断的影響は、入院した15例を除外した後も依然として見られました。これらの主に辺縁系の脳イメージングの結果は、嗅覚経路を介した疾患の変性性の広がり、神経炎症性イベント、または嗅覚障害による感覚入力の喪失のインビボの特徴である可能性があります。この有害な影響を部分的に元に戻すことができるかどうか、またはこれらの影響が長期的に持続するかどうかは、追加のフォローアップで調査する必要があります。これらの画像と認知の縦断的影響は、入院した15例を除外した後もまだ見られました。これらの主に辺縁系の脳イメージングの結果は、嗅覚経路を介した疾患の変性性の広がり、神経炎症性イベント、または嗅覚障害による感覚入力の喪失のインビボの特徴である可能性があります。この有害な影響を部分的に元に戻すことができるかどうか、またはこれらの影響が長期的に持続するかどうかは、追加のフォローアップで調査する必要があります。これらの画像と認知の縦断的影響は、入院した15例を除外した後もまだ見られました。これらの主に辺縁系の脳イメージングの結果は、嗅覚経路を介した疾患の変性性の広がり、神経炎症性イベント、または嗅覚障害による感覚入力の喪失のインビボの特徴である可能性があります。この有害な影響を部分的に元に戻すことができるかどうか、またはこれらの影響が長期的に持続するかどうかは、追加のフォローアップで調査する必要があります。

nature

運動・食事・睡眠が大事なことはわかるけれど、生活習慣をどこから変えていく、改善するべきなのかわからない人が多いと思います。

健康の学校で大人の教養として、生活の知恵を学んでください。
痛み不調も自分で解決できる、予防や家族を守る知恵が身につきます。

▼岡ちゃん先生の健康の学校