【肝の働き】東洋医学でみる五臓六腑

東洋医学

西洋医学の肝臓とは異なった解釈をする東洋医学の”肝”
西洋医学では血液の貯蔵や、タンパク質の分解、合成、ビタミンAの貯蔵など様々ありますが、東洋医学では3つ。主に循環に関わります。

  1. 疏泄(そせつ)
  2. 血を蔵す
  3. 筋を主る

肝が悪くなる=循環が悪くなる

  • 肩こり
  • 首こり
  • 生理痛
  • 生理不順
  • 疲労感
  • 眼精疲労

など上記の症状が起こります。
該当する方は”肝”を整えることで改善が期待出来ます。

東洋医学では人は自然の上に生きているので、季節とも関わります。春は肝の不調が起きやすいです。
循環を良くして過ごしましょう。

何をすれば良いか?

健康の学校で大人の教養として、生活の知恵を学んでください。
痛み不調も自分で解決できる、予防や家族を守る知恵が身につきます。

▼岡ちゃん先生の健康の学校

<部分的な悩みを改善したい>

1日で完結するセミナーをご用意しています。
健康の学校の入学前にご興味のあるセミナーにご参加下さい。
一般の方向けにわかりやすい内容となっておりますので、どなたでもご参加頂けます。

1時間半で原因がわかり、すぐに使える対処法まで学ぶことが出来ます。

▼1day seminar

Translate »