石灰沈着性腱板炎

症状

夜間に突然生じる激烈な肩関節の疼痛で始まる事が多いです。痛みで睡眠が妨げられ、関節を動かすことが出来なくなります。

発症後1~4週、強い症状を呈する急性型、中等度の症状が1~6ヵ月続く亜急性型、運動時痛などが6ヵ月以上続く慢性型があります。

原因と病態

40~50歳代の女性に多くみられます。肩腱板内に沈着したリン酸カルシウム結晶によって急性の炎症が生じる事によって起こる肩の疼痛・運動制限です。

この石灰は、当初は濃厚なミルク状で、時がたつにつれ、練り歯磨き状、石膏(せっこう)状へと硬く変化していきます。石灰が、どんどんたまって膨らんでくると痛みが増してきます。そして、腱板から滑液包内に破れ出る時に激痛となります。

診断

圧痛の部位や動きの状態などをみて診断します。

肩関節の関節包や滑液包(肩峰下滑液包を含む)の炎症であるいわゆる五十肩(肩関節周囲炎)の症状とよく似ており、X線(レントゲン)撮影によって腱板部分に石灰沈着の所見を確認する事によって診断します。石灰沈着の位置や大きさを調べるためにCT検査や超音波検査なども行なわれます。
腱板断裂の合併の診断にMRIも用いられます。

出典 日本整形外科学会

当院では手で筋肉や軟部組織の癒着を改善し、鎖骨、肩甲骨、肩の骨の位置を正し、石灰が神経を圧迫しない位置に正すことで症状を改善させていきます。石灰は体内に吸収されていきます。

痛みが強い場合には、鍼治療や鍼の電気を通して、炎症を抑えていきます。

 

こんな方にお勧め

  • 痛みが強くて、困っている方
  • 痛みは消えたが、動きの制限がある方
  • 早く治したい方

当院の治し方

  1. 肩に鍼や灸を用いて炎症を取り除きます。
  2. 肩の筋肉や靭帯などの軟部組織が癒着し、固まっているのを手で取り除いていきます。
  3. 肩、鎖骨、肩甲骨など骨の位置を正して、正しい骨の位置にすることで石灰の吸収を促します。

鍼やお灸について

鍼はディスポーザブル(使い捨て)を使用していますので、感染などの心配はありません。

鍼、灸が怖い方は手の施術のみでも改善できますので、ご安心ください。

施術の流れ

  • 検査 5〜10分 原因を明確にすることで、早期改善に繋がります。
  • 施術 20〜100分 重症度、メニューにより必要な時間が変わります。身体は繋がっているので腰に限らず、全身調整することで早く治り、再発も起きにくくなります。
  • 動作指導 5〜60分 痛みの原因は90%以上が日常の生活で間違った動きの積み重ねの結果です。正しい動きを身につけることで、再発を無くし、自分でも痛みを改善できるようになります。

施術料金

30分 部分施術
7800円
60分 部分施術
15600円
60分 全身施術
15600円
90分 全身施術
23400円
120分 全身施術
31200円
30分 オンライントリートメント
5850円
60分 オンライントリートメント
11700円

身体は繋がっていますので、全身の施術をお勧めします。部分的な施術では痛みは取れますが、全体の身体は変わっていないので、再発しやすいです。

  1. 石灰沈着性腱板炎

    症状 夜間に突然生じる激烈な肩関節の疼…

  2. 五十肩

    症状 肩関節が痛み、関節の動きが悪くなります(運動制限)。

  3. 頸椎症性神経根症

    症状 中年~高齢の人で肩~腕の痛みが生…

Translate »