中国4000年の歴史。”病は気から”誰もが聞いたことのある言葉。気の存在を無意識に理解している日本人には東洋医学が合うでしょう。

東洋医学と西洋医学

現代日本の主流である西洋医学は薬物療法、外科療法が主の医学であり、医療体系としては数百年の歴史です。対して、東洋医学の医療体系は3000年にもなります。日本で東洋医学とは中国医学の事を指し、一番の大きな違いは”気”という見えない生命力の概念があるかないかです。

西洋医学の特徴は身体を部分の集合体と捉え、目に見える物を重視し、症状をどう抑えるかという点です。対して、東洋医学は身体を繋がりのある宇宙と捉え、目に見えない物も重視し、症状の原因から対処する点です。

どちらが優れているではなく、それぞれに良さがあります。大きな怪我、手術、ウイルスに対するワクチンなど強い症状に強いのは西洋医学。弱い症状、血液検査など数字的に原因が見つからなければ何も出来ないのが弱いところ

東洋医学の強いところはどんな症状でも原因が見える。つまり、対処の方法がある事です。逆に弱い部分は症状が進行しすぎた病には急速に効果を発揮しにくいです。

身体と心は繋がっている

”心身一如”身体と心は分けることができないとしています。

例えばうつ病、自律神経失調症など心の問題と、実際に身体に症状が起きるのには因果関係があります。緊張してお腹を壊す、緊張して手汗が止まらない、これもいい例ですね。

反対に寝たきりで身体が悪くなると、やる気が無くなったり、生きる気力を失ったりとこれも身体と心の繋がりを身近に感じる例です。

身体を良くすると→心も良くなる。心を良くすると→身体も良くなる。健康な身体を手に入れると、他人に優しく、良い心になります。

天と地、その間にいる人

”陰と陽”太陽と月。昼と夜。男と女。地球上の全ては陰と陽に分けることが出来ます。東洋の思想です。

”天地人”。宇宙ができ、気が生まれ、陽気と陰気に別れ、陽気は上って天の気に、陰気は下って地の気に、天地の陰陽の二気から四季が生まれ、人や万物が生まれたとしている東洋の思想です。天(陽)と地(陰)の間に人は存在している。人の身体は陰と陽のバランスが崩れると、病気、不調をきたすします。